紡ぐ輪
影 法 

   
八手花傘やつではながさ



午後の日差しの中
誰かの優しい声に呼ばれた

フッとふりむくと
八手花傘の向こうに
影法師・・・・

チラチラッと揺れて
私は時をさかのぼった

そこには
幼い頃の母と私がいた

夕焼けの道に
手を繋ぐ長い影法師がチラッと揺れる

懐かしさを手繰りよせながら
私は・・・・

うつむいて咲く花を見つめた



phot:「花の訪れ」のaturin88さん

BGM:クラッシックギター

詩&テキスト:花の庵