紡ぐ輪

 

       
〜フジアザミ〜


富士の山にも
かすかな春の兆しが見えてきた

見上げれば真っ青な空に
雪と白さを競うような雲が足早に走る

厳しさに耐えたフジアザミは
触れればはらはらと壊れてしまう
ガラス細工のよう・・・・

やわらかな春の光の中でも
容赦ない真夏の太陽の下でも
優しく風が奏でる秋にも

そして孤独な白い冬・・・・

悠久の時を紡ぎながら
生きてゆく孤高の花よ・・・



phot:「山の写真・野の写真」のridge_lineさん

BGM:MIDIクラッシックギター

詩&テキスト:さなえ(花の庵)