紡ぐ輪
雲上の華

   〜ウルップソウ〜


私は遙かな峰を辿る・・・

一面に咲き競う
花の絨毯に会うために
つかの間の輝きに会うために

稜線を一歩一歩踏みしめながら
流れる汗をぬぐいながら・・・

手を伸ばせば届きそうな
白い雲の下
眩しい夏の光があふれている

遙かな山並みには万年雪
目の前にはウルップソウが
蒼の色を空と競っていた

今年もまた
私はこの山に登るだろう

胸に一つ一つの想い出を
しっかりと刻みながら・・・


phot:山好きなおっちゃん

BGM:Music by Gallery Otoさん

詩&テキスト:さなえ(花の庵)