紡ぐ輪



     〜チゴユリ〜〜



樹々の間から
万華鏡のように
ちらちらと降る木漏れ陽
森の中は光と風の遊び場のようだ

立ち止まると足下には
稚児ユリの花が揺れていた
二つ並んで揺れていた・・・

紅い糸で結ばれた小さな花
束の間の逢瀬を
惜しむかのように寄り添いながら・・・

澄んだ風の音が
昔々の物語を運んでくる

心の片隅に棲みついて
捨てられずにいた小さな恋は
木漏れ日の森でふっと蘇った





phot&詩&テキスト:さなえ(花の庵)