紡ぐ輪
踊 り 子

  
〜冬の小人たち〜

高い木立の木漏れ陽は
ちろちろとやわらかに舞い降りた

そこには冬の小人たちが
舞台の出番を待っていた

赤い衣装をまとい
そろいの帽子をかぶりながら・・

近くで鹿の鳴き声がする
冬鳥も小さな声で集っているようだ
私も切り株に腰を下ろそう

さぁ・・観客は揃った

しずしずと幕が開き
スポットライトを浴びた
赤い踊り子たちが
キラキラと浮かび上がった




     
詩&phot;さなえ(花の庵)

いがりまさし撮れたてドットコム
植物写真コンテスト入賞作より