紡ぐ輪
陽だまりの森

     
〜セツブンソウ〜



小さな小鳥のさえずり
朽ち葉を踏みしめる靴音

あたりには春めいた空気が漂い
陽だまり色の森には、低いメロディーが流れる

わたしは雪解けを待って
あなたに会いに来た

あなたは朽ち葉の中から
生き生きと茎を伸ばし
つかの間の生命を謳歌している

降り注ぐ木洩れ陽の中で
梢を揺らす鳥の声
春を刻む風の音

みんなみんな、道づれにして

花開いた春の天使たちに
会いに・・・・・来た




photo:「やまそだちの花のアルバム」の
やまそだちさん



詩&テキスト:さなえ(花の庵)