紡ぐ輪


   
    〜ホテイラン〜

僕たちは
この小さき森の守り人

遥かな刻の彼方から
繰り返し繰り返し
生命を紡いできた悠久の森

ピンクの帽子をかぶり
白いお髭をつけて
黄色のスカーフを巻いてさ

僕たちは今日も見回るんだ

初夏の森は
瑞々しさにあふれ
木洩れ陽はそこかしこで躍っている

草に降りた朝露
萌黄に色づいた木々の葉
立ち込めるミルク色の霧

すべてが息づいて生きている・・・

そんな森を守るための
僕たちは守り人なのさ




phot:「山野草の想い」のkatsuさん


phot&詩&テキスト:さなえ(花の庵)