紡ぐ輪
初  恋

    〜ミゾソバ〜

ミゾソバの花が咲くと
思い出すのです
花を摘んでおままごとをした
小さな頃を・・・

あなたがとうさんで
わたしがかあさん

あなたは神妙な顔をして
花のご飯を食べるふりをした

見上げると
青い空に浮かんだいわし雲
風は
かすかに甘い匂いを運び・・・・

汚れのない想い出が
走馬灯のように、よぎります

若い日に
幾千の風になったあなたは
遠く、空から見つめていますか

この薄桃色の浮島を・・・・・


photo&詩:さなえ(花の庵