紡ぐ輪


  
〜コアジサシ〜


西の空に日が傾いて
あたりは
夕暮れ色に染まろうとしている

コアジサシが獲物を射止め
海面を蹴った

はじけ飛んだ水が黄金色に輝き
そこは夏鳥の一人舞台・・・・・・・

海に沈む陽の光は
一日の終わりの輝きを見せて
すべてを包もうとしていた

夏鳥の胸も
広げた羽も
そして海の色も

みんなみんな同化させながら


phot:大地の鼓動のsilverさん