紡ぐ輪
妖精の棲む森

    
〜ホテイラン〜




五大湖の沖合いに浮かぶ小島で
密やかに息づいている小さな妖精

おい繁る樹々
行く手を阻む倒木
苔むした岩

むせ返るようなヒバやヒノキの香り
すべての音は太古の森の中に
消えていくようだ

僕は胸ときめかせながら
一歩一歩を踏みしめる

長く厳しい冬のときを越え
春の光を待った花は
命燃やしながら輝いていた

時のたつのも忘れ
めぐり会えた喜びをかみしる

また来年も会おうね
小さな花に語りながら
つかの間を夢見た・・・・



phot:「カナダ・トロント近郊の野草たち」
の、たけさん





BGM::MIDIクラッシックギター田代さん