紡ぐ輪



〜春の音色〜

ふふっと密やかな笑い声がして
私を呼んだ・・・

そっと振り向くと
小さな花が微笑んでいた

いつの間にか根雪がとけ
春がこぼれだす中で
やさしい色の花たちも目覚めている

目をやれば・・・・・
光まぶしき空
水温む小川の流れ
生ぶ色の風
萌えいずる若芽

ふつふつと低い鼓動が聞こえ
やがてそれは
厳しい冬をたえた生き物たちの
春を謳う音色に変わった




phot:「山野草の想い」のkatsuさん



詩&テキスト:さなえ(花の庵)