紡ぐ輪



生ぶ色(うぶいろ)の風

  〜渡良瀬遊水地〜

野焼きの地に
瑞々しい生命が育くまれながら
芽吹いてくる

まばゆい光あふれ
木々の葉は輝いた

木漏れ陽の中で
ムラサキハナナは咲きそろう

生まれたばかりの風が舞い
生まれたばかりの色が踊る

朝露を纏いながら
木も花も鳥も目覚めていった

こぼれだす春に
僕は急いで野に向かう

生ぶ色の風を
身体中に受けながら・・・


pohto: 自然遊写の飯塚薫さん
詩&テキスト:さなえ(花の庵)