紡ぐ輪


春のかげろう
    
〜ミスミソウ〜

小さな白い花の中で
遠い記憶を繰ってみた

浮ぶのはあなたの横顔と
かすかな香り

幻のような想い出に
手を伸ばせば届くかと

花に恋して
風に恋して

透けた花びらは
春のかげろう・・・・・

月日は流れ、季節は巡り
繰り返し繰り返し・・・

どれだけ長い刻が流れても
鮮やかに蘇る片恋の面影


photo:
山の写真・野の写真-2ridge_lineさん

詩&テキスト:さなえ(花の庵)