山陰型タチツボスミレ(仮称)


スミレ科スミレ属

やや渇き気味の林縁、草地等でみられる葉に特徴があり、高さ5〜10cmの小型のタチツボスミレ
葉身は三角形、基部が切り形〜浅い心形、先端は鈍く尖る。